NEWS

久留米上映のご報告

2015年12月28日、福岡県久留米市のえーるピア久留米視聴覚ホールにて、『MORI FILM 上映会 in 久留米 / 久留米を舞台にしたリージョナル・フィルム3部作』という映画上映会を開催させて頂きました。

たくさんのご来場、誠にありがとうございました。来場の皆さまから頂いたお話やアンケートは大変貴重な助言となります。今後の制作活動の参考にさせて頂きます。ご意見頂き誠にありがとうございました。

また、今回の上映会のためにお力添え頂いた皆さま、ご協力頂き本当にありがとうございました。上映会を行うにあたりご相談させて頂いたえーるピア久留米の皆さま、開催の準備・プロモーションにご協力頂いたコミュニティコミッションの皆さま、久留米市役所の皆さま、久留米の知人の皆さま、そして、取材頂いたマスコミ各社の皆さま、ポスターやチラシを置かせて頂いた皆さま、本当にありがとうございました。さらには、当日会場での運営をお手伝い頂いた皆さま、舞台挨拶にご登壇頂いた出演者・製作関係の皆さま、並びに登壇を快諾頂いた所属事務所の皆さま、ゲスト登壇頂いた橘さん、中村教授、大変お世話になりました。ありがとうございました。

ようやく映画の舞台となった地で、また私の地元で、上映会を開催できたことを大変嬉しく思っております。地元愛をうたった作品ということもあって、久留米で上映をすることは私の中でもとても重要な活動の1つでした。実現できて胸を撫で下ろしている次第です。

まだまだ未熟な自分が勢いのままに製作してきた作品とあって、荒削りなところは多々あります。そんな作品を上映するのもおこがましいところもあるかもしれません。しかし、ご協力頂いた皆さまや応援して頂いている皆さまのためにも、これからも引き続き上映活動を続けていきたいと思っております。どうか温かく見守って頂けますと幸いです。

一方で、今回の久留米上映が、藝大時代がら続けてきた地元愛シリーズの1つの区切りになるかなとも思っております。これまでのやり方を継承しつつも、今後はまた違ったやり方にも挑戦しながら、自身の想いを映像で表現していきたいと考えています。今後またご支援・ご協力をお願いする日が来ると思います。その時もし余裕がございましたら、またご協力頂けますと大変ありがたいです。

映像作品はたくさんの人々の力が集結してこそはじめて成り立つ芸術表現という事を今一度肝に銘じ、これまで以上に人々との絆を大切に製作に励んで参ります。

これからも何卒よろしくお願い致します。

森 博章

IMG_3499

製作関係者による舞台挨拶(昼の部)

IMG_3503

舞台挨拶中の会場内(昼の部)

IMG_3570

製作関係者による舞台挨拶(夜の部)


2015年12月28日(月)に「MORI FILM 上映会 in 久留米 / 久留米を舞台にしたリージョナル・フィルム3部作」 お知らせ&予約

2015年12月28日(月)に「MORI FILM 上映会 in 久留米 / 久留米を舞台にしたリージョナル・フィルム3部作」を開催致します。
これまで横浜や東京などで上映を展開してきましたが、いよいよ地元久留米で初となる一般上映を行ないます。

上映する映画は「ファンタスティックちっご」「続・ファンタスティックちっご」「かえりてゆきし故郷の途」の3作品。
いずれも久留米を舞台にしたフィクションで、久留米で暮らす家族の物語を通して家族愛や故郷愛が感じられる温かい作品です。
筑後川や一番街などの久留米のロケーションはもちろんのこと、個性溢れるキャラクターが織り成す独特のテンポ、筑後弁によるセリフ、
クスッと笑えるコミカル描写など、見どころ満載の3本立てとなっています。

in_Kurume_A  in_Kurume_B

上映会では作品上映の他にも、出演俳優・製作メンバーらによる舞台挨拶や、ゲストをお招きしてのトークイベントも予定しております。
舞台挨拶の登壇者やトークイベントの詳細が決まりましたら、当サイトより改めてお知らせ致します。

入場料は事前予約すると割引価格500円となり大変お得です。ご予約の際は以下の【鑑賞チケット申込み】のフォームに必要事項を記入し送信
下さい。なお、中学生以下は無料、高校生・大学生・大学院生・専門学生は当日支払いの際に学生証をご提示頂ければ無料となりますので、
お誘い合わせの上ご来場頂けたらと思います。

2015年の年の瀬は、ご家族・ご友人と共に本上映会をお楽しみ頂けますと幸いです。
当日皆さまとお会いできることを楽しみにしております。


【 開 催 概 要 】
上映会名  MORI FILM 上映会 in 久留米 / 久留米を舞台にしたリージョナル・フィルム3部作
  期間  2015年12月28日(月)   
  時間  [昼の部] 13:30開場 14:00開映  [夜の部] 18:00開場 18:30開映
       *上映時間は3作品合わせて約90分  
  会場  えーるピア久留米 視聴覚ホール 
      〒830-0037 福岡県久留米市諏訪野町1830-6
       *「西鉄久留米」駅より徒歩約10分 / JR「久留米」駅よりバス乗車約20分で「税務署前」を下車、その後徒歩約3分
 入場料  700円(事前予約500円)
       *中学生以下は無料、高校・大学・大学院・専門学生は学生証提示で無料
  主催  MORI FILM 
  共催  NPO法人コミュニティコミッション 
  後援  久留米市
 公式web  http://mori-film.com 


【 作 品 情 報 】
 「ファンタスティックちっご」  (2014年制作/12分)
 「続・ファンタスティックちっご」(2014年制作/33分)
 「かえりてゆきし故郷の途」   (2015年制作/45分)


 【鑑賞チケット申込み】

お名前 (Name)

お名前 (ふりがな)

電話番号 (Phone No.)

メールアドレス (E-mail)

 

チケット希望枚数(Ticket)

■ 2015-12-28 14:00開始分

  ・一般(500円)      :

  ・学生(学生証提示で無料):

  ・中学生以下(無料)   :

 

■ 2015-12-28 18:30開始分

  ・一般(500円)      :

  ・学生(学生証提示で無料):

  ・中学生以下(無料)   :

 

お問い合せ (Message)


アジアフォーカス・福岡国際映画祭での上映のお知らせ

現在開催中のアジアフォーカス・福岡国際映画祭2015にて、監督作「ファンタスティックちっご」が上映されます。

上映会場はキャナルシティ博多ユナイテッド・シネマ。小さい頃からよく観に行っていた映画館ということもあり、今回の上映は本当に感無量です。

当日は舞台挨拶に登壇させて頂く予定です。福岡のみなさま、ぜひ会場でお会いできればと思います。

 

————————————————–

●日時:
2015年9月23日(水・祝)21時59分ごろ
(21時半からの「福岡インディペンデント映画祭2015 福岡監督セレクション」プログラムにて)

●場所:
ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13
(福岡県福岡市博多区住吉1丁目2-22 キャナルシティ博多内)
※西鉄福岡(天神)駅より徒歩約15分(西鉄バス経由で約11分)
または JR博多駅より徒歩約10分
または 中洲川端駅より徒歩約10分
または 祇園駅より徒歩約7分

●料金(当日料金):
1,000円
※高校生以下無料。大学生・専門学生は学生証提示で半額
※福岡インディペンデント映画祭2015フリーパス提示で無料

●URL:
アジアフォーカス・福岡国際映画祭2015
http://www.focus-on-asia.com
福岡インディペンデント映画祭2015「福岡監督セレクション」情報
http://www.fidff.com

————————————————–


福岡インディペンデント映画祭2015での上映のお知らせ

現在開催中の福岡インディペンデント映画祭2015にて、「ファンタスティックちっご」が一般上映されます。

地元映画祭での貴重な上映機会です。お時間ありましたらぜひご覧下さい。

 

————————————————–

●日時:
2015年8月29日(土)11時20分ごろ
(10時半からの「クスッと笑える」プログラムにて)
31日(月)12時50分ごろ
(12時からの「クスッと笑える」プログラムにて)

●場所:
福岡アジア美術館8F
(福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル)
※中洲川端駅より徒歩約1分

●料金:
1日券 1,000円 / 10日間フリーパス 3,000円
※高校生以下無料。大学生・専門学生は学生証提示で半額

●URL:
福岡インディペンデント映画祭2015
http://www.fidff.com

————————————————–


木場上映のご報告

2015年5月23日、東京都江東区木場のEARTH+GALLERY(アースプラスギャラリー)にて、『MORI FILM 上映会 in 木場 ~ 映画で考える地域のMIRAI』という映画上映会を開催させて頂きました。

たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

上映会では、福岡・佐賀で手掛けた映画5作品(「ライウマ」「見護る氣」「ファンタスティックちっご」「続・ファンタスティックちっご」「かえりてゆきし故郷の途」)の上映のみならず、九州出身ゲストによるトークイベント、九州のフード(高菜焼飯、シシリアンライス、うまかっちゃん、ポテトチップス九州しょうゆ、辛子明太子、博多通りもん、久留米の地酒ほか)の提供など、九州一色の企画を行なうことができました。関東のみなさまに少しでも九州を感じてもらうことができ、大変嬉しく思っております。

 

今回の上映会は初めて主体的に行なった機会でもありました。会場をご提供くださったギャラリーの皆さまの多大なバックアップもあり、とても自由な上映会を開催させて頂くことができました。ギャラリーの皆さま、大変お世話になりました。ありがとうございました。

また、上映会の企画として、上映作品に携わった製作メンバーにゲスト参加頂き、舞台挨拶や来場者の皆さまと直接交流する機会を頂くことができました。出演者、製作スタッフ、所属事務所の皆さま、関係者のみなさま、ご協力頂き誠にありがとうございました。

同じく企画の1つとして、映画キュレーター・プロデューサーの谷元浩之さんをトークゲストとしてお招きし、インディペンデント映画や海外の映画祭に関する貴重なお話を行なって頂きました。谷元さん、ご登壇頂き誠にありがとうございました。

そして、今回の上映会開催にあたっては、てんせんめんの佐藤哲至さんにお声掛け頂いたのがきっかけでした。哲至さん、大変貴重な機会を与えて頂き、本当にありがとうございました。

その他、事前の準備や当日の記録撮影を行って頂いた友人たちにも、この場をお借りして感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

個人的には、大学院を卒業してから2ヶ月間もないタイミングでの上映会開催ということもあり、学生時代に取り組んだ制作活動をまとめる貴重な機会にもなりました。学生の頃の未熟な自分に手を差し伸べ、完成まで導いてくれた仲間や、携わって頂いた方々の多大なお力添えを改めて実感致しました。大変感謝しております。

これからも関東・九州・その他様々な地域において、上映を企画していこうと考えております。実現した際は是非ご覧頂けますと幸いです。また会場で皆さまとお会いできる日を楽しみにしております。これからも何卒よろしくお願い申し上げます。

森 博章

 

11289569_683726298426898_2934352757443775549_o

上映会場の入口

 

11110206_683726301760231_4613585747414890615_o

上映中の会場内

 

10700286_683726295093565_963935462252875047_o

製作関係者による舞台挨拶

 

11336958_683726321760229_7063305260758364857_o

企画者の佐藤哲至さん、ゲストの谷元浩之さん、森博章によるトークイベント

 

1500927_683726328426895_2437259007190452770_o

製作陣によるトークイベント